新人看護師が人間関係を築くコツ【3】

iwuenf

看護師の職場は、濃密な人間関係を築きやすい職場でもあります。
プライベートでも仲の良い看護師はいると思いますが、
職場の仲間はあくまでも職場の仲間として割り切っていくことも大切なんですよ。

職場ではなくプライベートな関係がこじれてしまうことで、
イジメの発端となる場合もあるんです。

 

ですので、いくら仲の良い看護師であっても、
プライベートと仕事は、きっちりと分けておくほうがいいんですね。

プライベートで遊んでいる時には、仕事の話は一切しない。
仕事をしている時にはプライベートな話は一切しない。
このくらいの割りきりが必要になってきます。

 

どんなに気をつけていても、イジメのターゲットになってしまうことがあります。
もし、自分がイジメのターゲットになってしまったとしたら、
どうしたらいいのでしょう。

まずは師長や部長などの上司に相談してみるという手があります。
配属転換などしてもらえたら、イジメから開放されますよね。

 

それが難しいという場合や、
新しい配属先にもイジメの噂が広まっていた場合などには、
転職するということも一つの方法です。

転職して、人間関係を一からにすることで、
イジメから開放されるという方法は、
多くの看護師が行っていることなんですよ。

 

転職を行うのは、待遇や給料、
仕事内容などに不満を持つ看護師だけではないんですね。
間関係が上手くいかずに転職するという看護師はとても多いんです。

 

 

新人看護師が人間関係を築くコツ【2】

iswuetf

看護師の職場となる病棟をまとめている師長や、
看護部をまとめている看護部長と上手くやっていくコツ
についてみてみましょう。

看護師長や看護部長となると、先輩看護師と比べ、
直接指導してもらえることは少ないですよね。
特に看護部長は、顔を合わせることすら少なくなってしまいます。

 

まずは聞かれたことにしっかりと答え、
自分がどの程度看護知識と技術を得ているのかを
分かってもらうようにする必要があります。

看護師長は、プリセプターや先輩看護師には
言う事が出来ないような悩みなどを聞いてもらうことが出来ますよ。
職場の母親のような感じで付き合っていくといいですね。

 

新人看護師にとって問題になるのは、
患者さんやその家族の方との付き合い方ですよね。

たとえ新人看護師でも、
患者さんやその家族の方からしてみれば、看護師なんですよね。
ですから、そこは頼られているということを意識しなくてはなりません

 

「新人で分からないのでお待ちくださいね」と、
聞かれたことに答えることが出来ずに、

ナースセンターの先輩看護師に聞きに行くことが多いと、
信頼性に欠けることになりますよね。

 

看護のプロとして間違っていることを伝えるわけにはいきませんが、
自信の無さを表に出してしまわないように注意しましょう

 

 

新人看護師が人間関係を築くコツ【1】

iernf

新人看護師にとって、最も頼りになる存在
というとプリセプターということになります。

プリセプティとしてプリセプターと良い関係を築いていくコツは、
まず頼ること、そして頼り過ぎないという事です。

 

分からないことがあった場合には、
周りの先輩看護師に指導を頼むことはもちろん構いません。

ですが、プリセプターが同じ時間に働いているのであれば、
まずはプリセプターに質問をしたり指導をお願いすることが大切です。

 

しかし、何度も同じ内容を繰り返し聞いていると、
プリセプターも嫌気がさしてしまいます。

頼りすぎずに、ある程度自分で考えて行動していくことも大切なんですね。

 

プリセプターとしても、プリセプティがどの程度
知識や技術が向上しているのかという事を確認したいものです。

ですので、どこまで出来て、どこが分からないのかということを、
しっかりとプリセプターに伝えることが重要になってきます。

 

プリセプター以外でも、看護部には様々な先輩看護師がいます。
毎度毎度、プリセプターがシフトで仕事に入っているとは限らないわけですし、

先輩看護師とも上手に付き合っていかなくては、
仕事がやりづらくなったり、
人間関係が嫌になってしまう可能性もあります。

 

ですので、先輩看護師を尊重し、
教えてもらうことになった際には
しっかりと指導を受けるようにすることが大切です。

ですが、先輩看護師も自分の仕事を進めつつ指導してくれている
という事を考えなくてはなりません。
仕事中に、突然指導を頼まれても困りますよね。

 

緊急を要するわけではないけれど指導を頼みたいという場合には、
時間を決めてお願いすることも大切です。
教えてもらうという事を考えて、行動するようにしたいですよね。